「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 怪文書BOX

文書BOX

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017/02/04(土) 子会社の〝トランプ〟

「一銀行員」を名乗る人物からの告発文が届いた。某銀行の子会社社長の暴君ぶりが、句読点が一切ない独特の書式で綴られている。銀行の顧問弁護士や法務コンプライアンス部に子会社社長のパワハラを訴えるも、無視され続けているという。以下全文。原文は実名。

<●●銀行の関連会社 ●●××××サービスに パワハラ社長がいる
それは I社長だ その言動は まさに トランプそのものだ
子会社の社長でありながら 本部のいう事を聞かず 本部に長々と自分の主張を電話してくる
1時間も2時間もだ あり得ないことだ 仕事にならない
言うことも滅茶苦茶で しかも コロコロ変える 社長としてあり得ない人物だ
今の会社のなかでも おかしいことでも 自分のいう事をきかない部下には 延々と説教し やり込める
それも1時間以上は しょっちゅうやっているらしい 異常だ
そんなことだから 過去には 銀行と会社で1名ずつ 部下を うつ病に 陥れた
それがきっかけで その部下の家庭生活が崩壊し 結果として離婚に 至らしめている
これが パワハラでなく なんだと言うんだ
当然会社の雰囲気も最悪 会社の女性も 社長のしつこさには うんざりだと言っているらしい
この告発は 銀行の弁護士と法務コンプライアンス部に 2回したが 全く改善されないどころか
いまや ますますエスカレートしている まさにトランプだ
コンプライアンス部には 銀行の職員は 簡単に処分できても 子会社の社長は 処分できないのか
事実関係の調査も行われず 2回とも無視されたようだ こんなことで良いのだろうか
弁護士もコンプライアンス部も まったく機能していない実態だ
こんな社長が 万が一にでも続投するようであれば 労基署に告発しなければならない
もう限界だ 助けてくれ
一銀行員より>

弊社へ寄せられた告発文、怪文章を公開しています。掲載されている文章の内容、事実関係の真偽、信憑性については一切保証されておりません。当コーナーへのご質問、ご意見などは受け付けておりませんのでご了承下さい。