「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 釣り > 魚よもやま話
写真

よもやま話

阿部 明
昭和14年12月生まれ
37年スポーツ新聞社に入社、高校野球などの一般スポーツほかプロレス、競馬、釣り記者を経て現在に至る。記者歴37年。北海道スポーツ記者倶楽部会友。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年6月号 イシダイ

 先日、新聞やテレビで話題になったのがイシダイという魚。米国の西海岸に東日本大震災の津波で流された漁船にイシダイが生息していて、これが水族館で人気になっているという。この魚は日本近海や東シナ海あたりにしかいないことから米国では見たことのない珍魚なのだろう。
 北海道ではイシダイよりシマダイと呼ぶ地方が多い。なぜなら魚体に縦縞の鮮やかな模様があることからくる。ただ、道北や道東にはほとんど生息せず夏季に道南方面の磯でわずかに釣れたり網にかかる程度の魚。さらに特徴は若齢期だけに縞模様があり成魚になるにつれ縞は薄れて不透明になり、ほとんど消失するのだそう。
 別名を「磯の王者」といい磯釣りの対象魚として人気が高いことから付けられた。その強烈はファイトはすごく釣る方が引きに合わせて巻き込めば、魚も負けずに抵抗する。
また、頭がよく、なかなか釣れない魚でこれを釣果につなげるという面白さもある。水族館で餌付けの芸をすることでも知られ、その賢さは魚族では抜群とか。
 大きなものは50センチにもなり歯が強く貝類やウニまで砕いて中身を食べるというから驚き。道内で見られるのはせいぜい30センチ止まりでまだ縞模様がありシマダイそのもの。食べては刺し身や煮付けが美味だが、皮と身の間に脂がのりこの部位もおいしい。