「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 怪文書BOX

文書BOX

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016/06/25(土) ゴルフ場支配人と親会社の間には何があるのか

 道内の某ゴルフ場に横領を繰り返す支配人がいるという。その事実は親会社も把握しているようなのだが、なぜかおとがめなし。逆に、告発した社員を解雇したり異動させたりするようだ。そうした事実は、社員はもちろんメンバーの大多数も知っているというのだが……。以下要旨。原文は実名。

<私は御社の記事・コラム等をいつも購読しております。

この度、T町にあるゴルフ場Sゴルフ倶楽部について、私も当該ゴルフ場のメンバーの一人として匿名にて述べたいと思います。
数年前、当倶楽部の支配人M・K氏による多額の横領の事実があったとメンバー会員内の噂により知りました。
話によると、当時数百万円に及ぶM氏の横領が社員の告発により発覚した事実が確かにあったようで、親会社に申し出たところ親会社がその事実を隠蔽し、告発した社員を解雇・左遷をした疑いがあります。

その後親会社の役員管理のもとで、M氏は支配人の職は失わないままでしたが、最近になって再び横領の疑いが社員内で起きたようです。
今回は告発をされる前に、支配人本人ならび親会社が隠蔽工作を行い社員の異動等により難を逃れてる次第です。

この事実は社員はもちろんの事メンバー会員の大多数が知っております。

Sゴルフ倶楽部が好きでメンバーになったのに、このような事実があるととても残念に思うとともに決して許される事ではありません。

折角高いお金を払って会員になっているのですから、
クリーンな経営のゴルフになってもらいたいものです。>

弊社へ寄せられた告発文、怪文章を公開しています。掲載されている文章の内容、事実関係の真偽、信憑性については一切保証されておりません。当コーナーへのご質問、ご意見などは受け付けておりませんのでご了承下さい。