「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 怪文書BOX

文書BOX

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017/02/05(日) ハローワークでの〝もやもや〟

 どの業界も人の確保で四苦八苦している。何とか力になってもらいたいのがハローワークだが、お役所仕事から抜け切らないところもちらほら。札幌市内のハローワークを利用したというある企業人から投稿メールが寄せられた。投稿者としては、伝えたはずの条件がハローワーク側のミスで記載されず、それを認めようとしない態度に〝もやもや〟が募る。以下全文。

<先日ハローワーク札幌北にて求人募集を出しました。
当社は28年の8月に登記し、今回が初の正社員募集です。
右も左もわからずに窓口へ。
求人募集表の書き方を丁寧に教えてくれました。
書き終わり、提出する際にトライアル雇用について尋ねました。トライアル雇用については以前からざっくりと知ってはいて、最初からトライアルでの募集のつもりでした。
こちらから尋ねるまでそういった募集形態があることは一切教えてはくれませんでした。
尋ねた際もそれまで流ちょうに話していた担当の女性の表情が曇り、隣の職員とひそひそと話し始めました。
どうやら、雇用保険の適用事業所設置届をまだ出していなかったので(雇用保険に該当する従業員がそれまでにいなかったため出す必要がなかった)そのことで引っかかっている様子でした。
ひそひそ話が終わってから、トライアルでの募集はできるが、採用を決定したらすぐに設置届を提出しなくてはいけないと説明されました。
特に問題はないので、「わかりました。」と伝えました。
後日、ハローワークから連絡が来て、求人票に応募があったとのことでその方と面接をしました。
とても好印象だったのと、トライアル雇用の対象者(学校卒業後安定した職業についていないという条件)に該当したこともあり即決で採用しました。すぐにハローワークにはFAXで採用の通知をしました。
もちろん面接の際にトライアル雇用の話を本人に説明し、それでも良いと承諾をもらいました。
2月1日からの採用で2月の3日に雇用保険の設置届を提出しました。今後の流れを労働局に問い合わせると、採用後ハローワークからトライアル雇用実施計画書がすぐに送られてくるのでそれを記入して提出とのことでした。
ところがハローワークからは何も届いていないし、連絡も来ていません。
そのことを確認しに再びハローワークへ。
するとトライアル雇用での求人になっていなかったとのこと。
こちらは確かにトライアル雇用で募集したい旨は伝えていたはずと言っても、それなら求人票にトライアルと記載があり、紹介する際にもトライアルに該当する人かの話があるとのこと。
結局今からではどうしようもないと言われ帰ってきました。
考えましたが、トライアルでの採用ができないのなら正直最初から正社員で採用するのは厳しいです。
私が言いたいのは、ハローワーク職員のミスで採用が決まった方が不採用に変更される可能性があるということです。
職員が制度を把握しておらず、別の職員に聞きに行ったり途中で変わったりすることもどうなのでしょうか。

どこかにこのもやもやを吐き出したかったのです。
駄文 申し訳ありませんでした。>

弊社へ寄せられた告発文、怪文章を公開しています。掲載されている文章の内容、事実関係の真偽、信憑性については一切保証されておりません。当コーナーへのご質問、ご意見などは受け付けておりませんのでご了承下さい。