「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 怪文書BOX

文書BOX

このエントリーをはてなブックマークに追加

2014/10/01(水) 新社長に関すること

 道内屈指の有名企業の新社長となった人物への告発。過去の醜聞を暴露する衝撃の内容だ。以下、全文。原文は実名。

<貴誌を愛読しております。
巻末の《読者からの情報募集》を見て思い切ってメールをお送りします。
先日、Hの新社長にM氏就任の発表がありました。
私の知る限り、彼の金にまみれた人物像をお伝えいたします。
私は、数年前までH本店に勤務し、家業を継ぐべく退職しました。
M氏は、本店の秘書室や工務畑で頭角を現したかの報道ですが、
《旧・H会》所属の「HW(W・H会長)」から頻繁に
現金接待を受けていました。母体であるM市のW電気工事もHの受注
企業であり、Hの幹部候補社員には毎月のように現金・飲食接待・自宅への
贈答品を《日常業務として》行っていたようです。
W氏は、毎日のようにH本店の各階を駆け巡り、名刺とともに金券を
手渡すトップ営業で知られていました。中には「数十万円のノートPCが突然、
自宅に届いた」と慌てる社員もいました。
幹部社員が地方支店長に転出した際には、W氏が定期的に営業訪問し、
彼らの飲食代の領収書と引き換えに十数万円の現金を手渡す、という
暗黙のルールが続いていました。
幹部昇進の都度、W氏の奥方が経営する画廊「P・R」から絵画を
贈ることも常態化していたと聞きます。
その現ナマ作戦で役員に躍り出たのが、M社長であり、上席執行役員の
F・Y氏です。
彼らは、現金等の接待の返礼として《測量精度の低い》H社に
○○線の測量業務や△△工事を発注していました。
○○◇◇の倒壊や○○トラブルも同社が関わったようですが、接待効果か
内々で処理されていました。>

弊社へ寄せられた告発文、怪文章を公開しています。掲載されている文章の内容、事実関係の真偽、信憑性については一切保証されておりません。当コーナーへのご質問、ご意見などは受け付けておりませんのでご了承下さい。