「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 釣り > 魚よもやま話
写真

よもやま話

阿部 明
昭和14年12月生まれ
37年スポーツ新聞社に入社、高校野球などの一般スポーツほかプロレス、競馬、釣り記者を経て現在に至る。記者歴37年。北海道スポーツ記者倶楽部会友。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年12月号 弱でなく強

 北海道の海が今年の秋は異変続き。秋の味覚サンマやサケ、シシャモなどが不漁で、代わってこの数年下降線をたどったイワシ、サバが多く網に掛かり漁師も首を傾げるのだ。さらに南方系のブリが大漁となにか「変」である。
 そのイワシといえば食べてもおいしく、栄養価が高い。タンパク質、鉄分、各種ビタミンを含むので、悪玉コレステロールを排除したり高血圧に血栓を防いでくれたりと、なんともありがたい魚。漢字では「鰯」と書くが、むしろ弱でなく強と書いたほうが良いぐらい庶民の味方である。
 イワシは種族が多くマイワシのほかカタクチイワシ、ウルメイワシ、サッパ、コノシロなどがいて、それぞれニシン科に属しすべて近縁の仲。マイワシはナナツボシともいわれるイワシ族の代表格。カタクチイワシは小さなものをシラスやチリメンジャコといい、食通の面々をうならせる。
 ウルメイワシは干物には打ってつけで、目刺しにすると美味。サッパは本州ではママカリと呼ばれ、あまりのおいしさに飯(まま)を借りに行くという意味。コノシロはコハダともいわれ鮨の光り物に。料理ではイワシの「手開き」が知られ、包丁を使わずに頭と背骨、腹わたを指先で取るこの魚ならではの調理法で、日本料理秘技の1つである。サンマ、サケが高値や品薄なら、さあ、イワシを食べよう。