「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 釣り > 魚よもやま話
写真

よもやま話

阿部 明
昭和14年12月生まれ
37年スポーツ新聞社に入社、高校野球などの一般スポーツほかプロレス、競馬、釣り記者を経て現在に至る。記者歴37年。北海道スポーツ記者倶楽部会友。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年12月号 シマカツオ

 先日、日刊スポーツ紙に珍しいシマカツオが釣れたという記事が載っていた。場所はえりも沖。サイズは50センチでそれも同じ船で数匹あがったとのこと。状況は「サケと間違うほどの強烈な引きで、左右に走り回った」と記されている。
 それもそのはず、カツオは本州ではトローリングの対象魚として知られ、その引きを楽しむ人が多い。その上、この道の入門としても最適な魚だそうで、外海に出なくても釣れる。今回のシマカツオもそうしたことから手軽に釣れたものと思われる。新聞の写真でも分かるように、ひたいが大きく盛り上がっていて、なにやら大型マダイやシイラにも似ている。関東地方ではエチオピアとも呼ばれるユニークな体型の魚として人気がある。この魚の解説書によると、シマカツオ科で生時の体色は銀白色だが、死ぬと黒褐色になる。水深150~300メートルに住むが、北の方ほど浅いところにいる。イカ類、魚類、甲殻類を食べ、体長は50~65センチ。分布は日本近海、北太平洋温帯域とある。
 ちなみにカツオはサバ科でシマカツオとは近親ではあるがやや違う。そういえば中央から尾にかけてはそっくりなスマートさだが、顔面は同じカツオと付くのにまったく似ていない。
 食べてはいずれも刺身(たたき)、煮付けなどがうまいが、味を比べるとカツオの方に軍配があがる。