「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 編集部日記

集部日記

このエントリーをはてなブックマークに追加

2011-04-05 安全と安心の線引き

われわれマスコミも含め、よく「安全・安心」と口にする。しかし、「安全」と「安心」は必ずしも同じではない。数年前、遺伝子組み換え作物の取材をしたとき、ある科学者から口をすっぱくしてこう言われた。「安全は科学的な尺度で一定程度、推し量れるが、安心は違う。同じ事象でも人によって感じ方は違う。不安に思う人もいるし、問題と思わない人もいる」と。

今回の東日本大震災による原発事故は「安全」と「安心」の違いを如実に感じさせた。東京電力・福島第1原子力発電所から放射性物質が広がり、農作物や水から基準値以上の放射線が検知されたとき、メディアには多くの専門家が登場。彼らは政府発表の計測値をX線検査、CTスキャンのときに浴びる放射線量が書かれた図などを使って説明し、「ただちに健康に影響を与えるものではない」といった文言を繰り返した。政府発表も同様だった。

科学的にはその通りなのだろう。「安全」と「危険」でレベルを分けるなら安全域というわけだ(少なくとも現時点では)。しかし、国民は安心していない。だから、首都圏で水の買い占め騒動が起きた。

なぜ安心しないのか。事態が悪化する中、政府や東電の対応への不信が国民の根底にあることは言うまでもない。そんな“大本営発表”では心にストンと落ちないのだ。また、そもそも放射線は一般にはわかりにくく、視覚化できない脅威である点も、心をざわつかせるのだろう。

原発事故は未だ終息の兆しさせない中、放射線の恐怖は国民の上に重くのしかかり続けている。(野口晋一)