「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 怪文書BOX

文書BOX

このエントリーをはてなブックマークに追加

2014/08/28(木) 市と委託業者との間に何があるのか

 もともとは市が運営する施設なのだが、めぐりめぐって現在は民間企業に運営が委託されているごみ処理施設。そこで灯油漏れの事故が発生した。明らかに管理が悪かったにもかかわらず、委託会社にはお咎めなし。税金で事故の処理をするという。そこに何らかの癒着があるのではないかと告発文が寄せられた。以下要旨。原文は実名。

<情報を送らさせて頂きますのでご覧頂ければ幸いです。

地元新聞8月23日の夕刊でR市で運営するごみ処理施設「B館」で灯油約1400リットル漏洩事故の記事が出ていました。あわせて市議会に報告が遅れた事への陳謝も記載されていました。まずこの施設は「R市」→「RN衛生組合」→「地元企業のS」と最終的に民間企業の「S」という企業が委託運営しています。ちなみにこの業者は施設運営・冬期間の場内除雪・灯油配達など管理において全てに渡り任されている業者です。話を戻しますと、今年3月末に同館の職員が異常に灯油の減り方が早い事に気が付き調べていたところ、落雪によりタンクの配管に亀裂が入り、そこから油が漏れ出し、敷地内・近くを流れる河川に油の流入が確認されたとの事。土壌汚染・水質汚濁の観点からも大変重大な出来事です。この事件発生に伴いR市では河川にオイルフェンス・油の回収・近隣住人向けに説明会を行ったそうです。同新聞の記事では合わせて市議会に報告が遅れた趣旨の内容・冬に向けて雪害のないところへタンク移動の費用332万円強を予算で捻出する事・今回の漏洩事故に伴う費用(金額非公開)は市が全て負担する事も取り上げていました。ここで疑問です。漏洩事故に関する費用は市が負担?おかしくありませんか?何のための民間委託ですか?

そもそも灯油の漏洩事故は施設の管理を任されている「S」の過失といっても過言ではないのになぜ油の回収費用を我々の税金から捻出されないとならないのでしょうか?まるで委託業者「S」の尻拭いではありませんか?今のところ、この業者は何の行政処分にも問われていないようです。本来でしたら何かしらの処分も必要なのではないでしょうか?

=追伸=
あくまで噂です。一部の間では「S」の幹部のSという人間が役所に勤めている身内の人間との癒着・情報隠ぺいが噂されています。
あくまで噂なのであしからず。>

弊社へ寄せられた告発文、怪文章を公開しています。掲載されている文章の内容、事実関係の真偽、信憑性については一切保証されておりません。当コーナーへのご質問、ご意見などは受け付けておりませんのでご了承下さい。