「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 怪文書BOX

文書BOX

このエントリーをはてなブックマークに追加

2014/01/28(火) ある町職員の自殺

 胆振管内の自治体住人と思われる投書が寄せられた。町職員が町長や同僚のいじめにあい自殺したという内容。そのほかにも町長にまつわる癒着の構造などが記されている。以下要旨。原文は実名。

<職員は刑事事件にはなっていないようですが、町長や同僚にいじめられ(1月)17日練炭で自殺した。練炭は町内で買ったと思われる。この冬に数カ所の店から購入したようだ。自殺した日に町長は他言しないように職員にくぎを刺したのでしょう。葬式は身内で近所の方も知らない状態である。町長は職員が少なくなればと言っているそうです。そのほか議員がいうことを聞かなければ仕事をやらない、団体にはいじめとのうわさが多くあります。町長は昔、ヌンチャクを持つなどの不良だったそうです。職員が自分の身を守ってくれるものには厳しくないようで、管理職に充てているようです。以前に建設の職員が業者と旅行等に行っても軽い処分をしたとの報道がありました。失敗してもかわいい部下、業者には手心を加えるようです。このようなことが多すぎます。自分の好みのものを大切にすれば当然、以前のO町みたいになると心配しています。>

弊社へ寄せられた告発文、怪文章を公開しています。掲載されている文章の内容、事実関係の真偽、信憑性については一切保証されておりません。当コーナーへのご質問、ご意見などは受け付けておりませんのでご了承下さい。