「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 怪文書BOX

文書BOX

このエントリーをはてなブックマークに追加

2012/08/13(月) ある医療機関の不可解なカメラ

女性と思われる投稿者からのメールが寄せられた。腰痛を患い、近所の整形に行った際の出来事をつづったもの。以下全文。

〈ここ数年、防犯や犯罪防止のために防犯カメラが設置されている場所が増えてきていますが、私が行った病院について聞いて下さい。
ある日、腰に痛みを感じて、近所では名前のよく聞く整形に行きました。まずは、レントゲンを撮りましょうということで、レントゲン室に入ったところ、なんとちょうど着替えをする場所の上にカメラがついていました。
私はたまたま着替えをする必要がなかったのでよかったのですが、診察室に呼ばれてイスに座ったとき、先生がテレビの画面のようなものを見ていて、そこには私の次にレントゲン室に入って行った方が着替えているところが映っていて、一瞬私にも見えました。
診察が終わって画面がもう一度見えたときには、どこか違う部屋が映っていました。
先生からは「おだいじに」の一言もなく、評判とはぜんぜん違い、なんだか気味悪い気分で帰ってきました。
何の目的のカメラなのかわかりませんが、私たちが気づかないでいるということは怖いことですね。こういうのに対応してくれるところはないのでしょうか?〉

弊社へ寄せられた告発文、怪文章を公開しています。掲載されている文章の内容、事実関係の真偽、信憑性については一切保証されておりません。当コーナーへのご質問、ご意見などは受け付けておりませんのでご了承下さい。