「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 怪文書BOX

文書BOX

このエントリーをはてなブックマークに追加

2015/09/15(火) 条例制定の前に

 美唄市職員を名乗る人物から、怒りのメールが届いた。先般、同市では受動喫煙条例が制定されたが、本来はその前にやることがたくさんあるはずだと指摘する。以下要旨。

<今月号(10月号、編集部注)に「美唄市『受動喫煙条例』の迷走」とありますが、内容は読んでおりませんが言いたいことがありメールいたしました。因みに私は市職員です。

 受動喫煙防止条例制定の前に、職員の喫煙時間を制限すべきではないでしょうか。1時間に15~20分喫煙し、それが一日最低8回だとすると、2時間、1週間5日で10時間、1か月で240時間、1年で2880時間もの時間を喫煙に使い、非喫煙者との差がこれだけ出ていて同じ給料とは納得がいきません。
 なにが、たばこミニュケーション?ふざけるな!条例制定の前にやることがあるだろう!バカか!>

弊社へ寄せられた告発文、怪文章を公開しています。掲載されている文章の内容、事実関係の真偽、信憑性については一切保証されておりません。当コーナーへのご質問、ご意見などは受け付けておりませんのでご了承下さい。