告発文・怪文書BOX

迷惑千万な大通・ビアガーデン

 今年も札幌の夏の風物詩である「大通・ビアガーデン」が開幕した。日程は7月20日から8月15日まで。華やいだ雰囲気とは裏腹に、会場近くに暮らす人たちにとってみるとやっかいなイベントでもある。そんな〝迷惑千万〟の内容が記された封書が送られてきた。以下、全文。

〈前略 
大通・ビアガーデンについて
小生は、大通●丁目のマンションに住んでいます。
迷惑千万です。

① 改善要求→②改善できなければ中止を要求します。

7/21(土)営業時間外の22:00以降の現象について申し上げます。

6丁目のベンチに缶ビールで飲み騒いでいる集団→ビール会社の従業員も警備員(ビール会社が雇う?)も見て見ぬふり。
7丁目の芝生に飲み騒いでいる集団→同様に見て見ぬふり(芝生が傷む)。
7丁目のセブンイレブン前に座り込みビールやたばこを吸いながら騒いでいる集団→同様に見て見ぬふり。

改善案:市役所の職員が深夜12:00くらい(最終電車が出るまで)まで巡回し排除すること。それができなければ即座に中止を要求します。

昨年来、意見(クレーム)しているのに、市役所は対策を怠り、マスコミに「クレームはない」等の間違った、市民を愚弄することをしています。

営業時間の終了後といえども、トラブルが発生しているのだから、ビアガーデンの一連の行為ととらえ、対策をすること。できないなら、中止を要求します。

一昨年には、当マンションの通路に立ち小便や嘔吐がありました。
警備員の帰ったあとを狙って行為がおきています。

市役所やマスコミは、市民が迷惑しているのですから、至急善処してください。

小生の名前を公表すると、暴走族やビール会社の人から迷惑行為を受ける恐れが想定されますので、あえて匿名にしました。 草々〉