告発文・怪文書BOX

国土交通省北海道局役人の株取引

水省の職員組合による「ヤミ専従」が大きな問題になっており、各省庁で“ヤミ専”の実態調査が行われている。そんなさなか、国土交通省北海道局でこの問題を調査・指弾すべき立場にある某氏が、「勤務時間中に株取引をしている」という告発文が送られてきた。
某氏の行為を指摘する声は役所内部から出ているが、国交省は「過去の一時期に私物のパソコンを職場に持ち込み、昼休みを利用して株取引をしていたが、誤解を招く行動であると考えて、すぐにやめて、現在はそのようなことは行っていない」として不問に付そうとしている――と告発者は述べている。