「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 釣り > 魚よもやま話
写真

よもやま話

阿部 明
昭和14年12月生まれ
37年スポーツ新聞社に入社、高校野球などの一般スポーツほかプロレス、競馬、釣り記者を経て現在に至る。記者歴37年。北海道スポーツ記者倶楽部会友。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年6月号 深海魚

 最近、深海魚がなにかと話題になっている。その主人公は本州の定置網にダイオウイカが掛かり、展示されたり時には試食会まで開かれる人気ぶり?なのだ。
 また、これまでは聞いたこともないサケガシラ、リュウグウノツカイといった魚が捕獲されるなど、なんだか不気味でさえある。これらの原因は定かではないようだが、日本海沿岸で続いている低水温が挙げられ、要は寒さに耐えられず魚が浮上したところを網に掛かったよう。
 深海魚とは水深200メートル以深に生息する魚の総称で、それこそ数知れないほどの魚介が生存すると言われている未知の世界。陸地ほど調査が進んでいず不思議なことがいっぱいなのだ。
 ただ身近な魚も多くいてキンメダイ、キンキやタラ類、ムツ、アンコウ、タチウオ等。一方、深海魚はまずいと評されるが、これらはむしろ大変美味である。
 有名なキンメダイは目が金色に輝くことからその名が。道南の海域では時折網に掛かることがあり40~60センチにも成育するおいしい魚。
 深海のドンといわれるアンコウは、英名で「釣りをする魚」の意味があり、口の上の突起をエサに見せかけ、おびき寄せ捕えるとか。ほとんどの部位が食べられ「アンコウの七つ道具」と称され捨てるところがない。特にアンキモ(肝臓)は絶品。