「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 釣り > 魚よもやま話
写真

よもやま話

阿部 明
昭和14年12月生まれ
37年スポーツ新聞社に入社、高校野球などの一般スポーツほかプロレス、競馬、釣り記者を経て現在に至る。記者歴37年。北海道スポーツ記者倶楽部会友。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年4月号 カナガシラ

 昨年の暮れに美国沖での船釣りの際、赤橙色したあまり見かけない魚を釣りあげた。ヤナギノマイかと思ったが、やや違うので、周りの釣り人に聞いたところカナガシラだという。船長も「定置網などで時々捕獲されるが釣りバリには滅多に掛からないね」とのことだ。
 ホウボウ科の魚で当然のように見かけもそっくりだがほかにも似ているところが多数ある。たとえば両魚とも変化した胸ビレを使い、海の底を歩くようにして小石の下に潜むエビや貝を食べる特殊な機能を持っていることや頭部が固く、包丁の歯がたたないほどで料理がやりにくいなど共通する。
 カナガシラの名の由来も頭が固いことからきて、漢字では「金頭」と書く。ユニークなのは市場で働く人たちがこの魚を呼び合う「いの字」の意味。「い」はいろはの初め(かしら)ということからくる。ちなみにホウボウも面白く海底を「方々」歩き回ることから。
 魚体の色彩も鮮やかで頭や上半部は赤く、下方は白い。また胸ビレの内側は一様に赤く、背ビレの部分には紅色の斑点があり実に美しい。食べては冬が旬で肉が白く淡泊でどの料理にも合う。特に塩焼きや天ぷら、吸い物が美味。世界的にも食されていてイタリア料理には欠かせない食材でもある。本州ではその名前からか祝い膳によく登場する。