「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 釣り > 魚よもやま話
写真

よもやま話

阿部 明
昭和14年12月生まれ
37年スポーツ新聞社に入社、高校野球などの一般スポーツほかプロレス、競馬、釣り記者を経て現在に至る。記者歴37年。北海道スポーツ記者倶楽部会友。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年9月号 コチ

 石狩新港で糸を垂れていたところ、隣の釣り人に「この魚なんでしょう?」と聞かれた。よく見るとコチのようなのでそう答えると、ニッコリほほ笑んで「初めてなので…」と再びバケツの中に大事そうに入れていた。コチは北海道では道南の沿岸にしか生息していないと思われていたが、最近はあちこちで釣果の情報が聞かれる。事実、筆者も昨年小樽の船釣りで20センチと小型であったが釣った経験がある。頭部が大きく尾の方にいくほど細くなる。なにやらカジカのようにも見えなくもないが、カジカはカジカ科、コチはコチ科に分類されていて明らかに別種。
 コチ科の代表はマゴチ。本州(特に東京湾)では、梅雨明けの太陽が照りつける季節が釣りごろとされ「照りゴチ釣り」と呼び夏の風物詩になっている。この魚は種類が多くワニゴチ、トカゲゴチ、オニゴチ、ヨシノゴチ、メゴチ、イネゴチ、マツパゴチなどがいる。いずれも砂泥状の海底を好み、エビ類や小魚などを食べる。
 魚は見た目がグロテスクなほど旨いとされるがカジカ、アンコウなどと同様コチも食通にいわせると美味と称賛する。中でもマゴチは夏の白身魚としてはスズキと並ぶ高級魚で刺し身や煮付けがうまい。ワニゴチもマゴチにも劣らないほど味がよい。大きいものは30~40センチになるが、北海道では大型は少ない。