「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 釣り > 魚よもやま話
写真

よもやま話

阿部 明
昭和14年12月生まれ
37年スポーツ新聞社に入社、高校野球などの一般スポーツほかプロレス、競馬、釣り記者を経て現在に至る。記者歴37年。北海道スポーツ記者倶楽部会友。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年8月号 メバル系

 メバル系の魚が釣れる季節である。この系列の魚はいろいろ存在して数え切れないほどだが道内で釣れたり、獲れたりするものでも代表的なキツネメバル(マゾイ)のほかエゾメバル(ガヤ)、ウスメバル(タケノコ)、ヤナギメバル(アカゾイ)など多種。さらに範囲を近縁のフサカサゴ科にまで広げるとクロゾイ、シマゾイ、ムラゾイ(ハチガラ)、ゴマゾイ、クロメヌケ(アオゾイ)、ヤナギノマイなどなど。食べてはいずれも美味ということが挙げられる。
 そもそもメバルという名前の由来は、目をいっぱい見開いたように見えることから目張(めばる)と付けられた。本州では大型の魚体を10円メバルというそうだが、その目が10円玉の大きさからきている。また、メバル凪という言葉もあり、これは海が荒れると海藻や捨て石の穴などに逃げ込み、釣れないことからなぎの日が釣り日和というわけ。そういえばガヤなどは波風のない穏やかな夜が入れ食いとなることが多い。
 色彩豊かな魚というのもメバルの特徴。黒色型、赤茶色型と大別され、色の違いからそれぞれ別種とされていたが、現在は同じ近親の仲間と考えられている。卵胎生の魚が多く、4~6月ごろに親そっくりの子魚をぞろぞろといった感じで産む。その様子を一度水槽で見る機会があったが、まさに生命の神秘そのもので感動であった。