「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 釣り > 魚よもやま話
写真

よもやま話

阿部 明
昭和14年12月生まれ
37年スポーツ新聞社に入社、高校野球などの一般スポーツほかプロレス、競馬、釣り記者を経て現在に至る。記者歴37年。北海道スポーツ記者倶楽部会友。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年9月号 アオゾイ

 世界自然遺産の知床は、今年も道内外からの多くの観光客でにぎわっている。また、釣りも盛んで磯ではカラフトマス。船ではアオゾイやサケ釣りだろう。いずれもその自然にマッチしたように豪快で面白い。中でもアオゾイはいまが釣り頃で、1匹や2匹は面倒と追い食いをさせるとハリ数付いてくる。竿先に伝わる重量感は忘れられない思い出だ。
 ところでアオゾイはソイと付くだけにソイ類と思っている人が多いが、正確にはクロメヌケという魚。ソイ類とは色彩も異なる上、背ビレのトゲの数がソイの13本に対し14本の違いがあり近縁種ではあるが多少の違いがある。頭の部分が青みを帯びた黒色のことからアオゾイ=クロメヌケと呼ばれる。北海道周辺では日本海北部やオホーツク海に多く生息し水深100~200メートルを泳ぎ回る。
 東京の築地市場では、ソイより高級魚として取り引きされると聞く。全長50センチ以上になるので、大物が掛かった時は、ソイにも負けない強烈な引きを見せる。
 食べてはどの料理も旨いが脂がのっているので特に煮付けがよい。濃いめのタレで長く煮るのがコツ。もちろん刺し身もイケる。残ったものをアラ汁にするとそのうまさになにか得した思いさえする。最近はスーパーなどの鮮魚コーナーで売られることがあるので見つけたらぜひ試食をお薦めする。