「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 釣り > 魚よもやま話
写真

よもやま話

阿部 明
昭和14年12月生まれ
37年スポーツ新聞社に入社、高校野球などの一般スポーツほかプロレス、競馬、釣り記者を経て現在に至る。記者歴37年。北海道スポーツ記者倶楽部会友。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年12月号 チカメキントキ

 いまや全国的にも有名になった「さかなくん」もギョギョッと驚くような魚が釣れた。9月末の日刊スポーツの釣り面が報じたもので、その名はチカメキントキ。積丹の川白沖であがったもので釣り人は札幌の菊地正司さん。菊地さんによると「水深37メートルでヒラメを狙っていたところアタリがあり、巻いてみるとこれまで見たこともない赤い魚」。50年以上のキャリアを持つ高田泰明船長も「わしもわからん」と首をかしげるばかり。
 おたる水族館に調べてもらい名が判明したもので、東シナ海に多く生息する熱帯,亜熱帯の魚で北限は本州の北部あたりとのこと。従って北海道の積丹近海で釣れることは珍しいという。そう言えば近年各地で珍魚が釣れている。2年前えりも沖であがったシマカツオをはじめ、数年前までは釣れなかったブリは磯からでも期待でき、あのマンボウも北上して網にかかるようになった。これらはなにを意味しているのだろうか。
 まあ、難しいことはこの辺にして、もう少しチカメキントキを調べてみるとキントキダイ科の魚で体色は薄赤色。なにやらキンキに似ているが、背ビレが後方にいくほど大きく広がり少々不気味。うろこは固く、はがれにくい。目は100メートル以深に住むため異常に大きい。体長は40センチぐらいまでになる。
 食べては白身で煮付け、塩焼きがおいしい。