「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 釣り > 魚よもやま話
写真

よもやま話

阿部 明
昭和14年12月生まれ
37年スポーツ新聞社に入社、高校野球などの一般スポーツほかプロレス、競馬、釣り記者を経て現在に至る。記者歴37年。北海道スポーツ記者倶楽部会友。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年12月号 マンボウ

 最近マンボウが定置網にかかったという情報を聞くようになった。もともとこの魚、南方系のもので北海道ではなかなか見られなかった。それだけ地球温暖化が進んでいる証拠といえる。マンボウを捕獲した漁師は「網をあげていると浮かんでくるものがあり新種の魚でもかかったと思った。まさかマンボウとはね」というのが感想。これが5~6年前のこと。さらに大型航路船の人たちも最近は海上をぷかぷか泳ぐマンボウの姿をよく見かけるという。確かに北の海にもこの種のものが多くなっている。マンボウを漢字で書くと翻車魚。フグ目、マンボウ科でそういえばくるくるした愛らしい目、くちばし状の小さな口はフグによく似ている。さらに鋭い歯を持っているのもそっくり。魚体には尾ビレと腹ビレがなく、マグロやカツオのように早く泳げないのはこのため。ただ後方に舵ビレがありこれで前進する方向を決める。皮膚はなめし皮状態でウロコはないのが特徴。驚くのは魚類の中で最も抱卵数が多いと研究書にはある。
 食べては淡泊な白身で新鮮なものは歯応えがあり美味という。しかし大きな身体の割に皮が厚く身が少ないのが難点とか。皮の下に厚いコラーゲンがあるのは若い女性にウケそう。筆者はまだ食べたことはないが、一度新鮮なものを酒の肴にして刺身などで試したいもの。