「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 怪文書BOX

文書BOX

このエントリーをはてなブックマークに追加

2014/08/30(土) 退職者のことをまったく省みない企業

 企業は従業員がいてこそ成り立っているのに、そこがないがしろにされている現代日本。いつからこんな社会になってしまったのか……。ある外食産業に勤めていたと思われる人物から投書が寄せられた。採用から2カ月ほどで退職を申し入れたようだが、その後の企業側の対応がずさん極まりない。退職者の人権を露ほども考えていないという企業体質が明らかになったともいえる。以下要旨。原文は実名。

<先日まで勤務していた会社について告発したい内容がありますので、お手紙書かせていただきました。

・告発したい会社・人物~Sホールディングス(主に札幌市内で居酒屋「E」などを経営)・O課長(総務担当課長の肩書)

・告発したい内容~退職時における手続きの不手際、それによる告発者への被害

私は2014年4月に入社。自己都合により6月15日付で退職を申し入れ、円満に受理されました。
配属された店の責任者に申し出て、責任者より会社へ連絡という形でした。

入社前まで雇用保険を受給しており、その残日数があったため、翌16日にハローワーク行き、受給再開と今後についてのお話をいただきました。
しかし、認定日であるはずの6月30日に認定後も一向に支給されず、ハローワークに問い合わせると、離職票を会社がいまだ未発行であるとつげられました。すぐに会社に問い合わせ、O課長にその旨を伝えると「申し訳ない。すぐに送ります」と返事をもらった。
しかし、2週間たっても一向に届かず、7月中旬にハローワークに相談し、ハローワークから会社の店にも確認の連絡をしていただきました。

それでも何の連絡もなく2度目の認定日である7月28日の認定を終え、ハローワークから確認請求なるものをとっていただき8月18日までの発送をお約束していただきました。18日をすぎても連絡なく、20日会社へ連絡すると、O課長が出て「それなんだけど、どこに送ればいいのか?」と問われました。住所を告げ、現在届くのを待っている状況です。

訴えたい内容について、この時点で退職日より2カ月以上経過している。
2カ月も離職票を発行できない理由は何なのか?
一度連絡し、なぜ何の対応もしていないのか?
受給できるとあてにしていたお金をもらえず、2ヵ月をすごし、貯金も底をついた。
その間、やりたいことも満足にできず、すごすことになった。
そもそも退職の処理が終っていなければ、次の会社へも就職ができないのではないか。
そんなずさんな対応をしているにも関わらず、何の謝罪もない。
退職者の住所、連絡先を知らないのか?入社時に契約書を出しているはずだ。
手もとに離職票を用意できながら、住所がわからず何の対応もしてなく、こちらからの連絡待ちなんてありえるのか?

以上、告発したい内容である。

私は現在無職であるため、消費者金融等からも借り入れすることはできず、ローン、年金、保険等の支払いのための金を用意するのに大変苦労した。

会社は現在、店舗展開を続け、業績も好調である一方、従業員不足、長時間労働、低賃金と「S家」のような体質である。そのこと自体にとやかく言うつもりはないが、私のような退職者への基本的な対応すらできておらず、店舗、本体ともに中身の伴っていない成長に危機感をもっている。
そして、8月20日のO課長の電話口での対応は、謝罪どころか何の誠意のない対応であり、ふてくされているともとれる態度に大変いきどおりを感じ、今回告発したいと思った次第です。
仮にも店舗を経営している会社の対応とは思えない!!店舗でクレームがあった際の対応は店舗従業員みな誠意をもって対応・謝罪しているにも関わらずだ。今後の成長を願う。>

弊社へ寄せられた告発文、怪文章を公開しています。掲載されている文章の内容、事実関係の真偽、信憑性については一切保証されておりません。当コーナーへのご質問、ご意見などは受け付けておりませんのでご了承下さい。