「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 怪文書BOX

文書BOX

このエントリーをはてなブックマークに追加

2014/07/28(月) 壮絶な職場のイジメ

 道南の食品工場で働いていたとみられる人物からメールが届いた。文面からは集団で一人をイジメている様子がうかがえる。現場の責任者が率先してイジメに関与しているかのような描写が随所に出てくる。独特の文体が闇の深さを象徴しているようだ。以下全文。原文は実名。

<函館にあるT食品のK工事で働いてたんですけど
そこのN工場長に手を包丁で叩かれたりしました。
あと、仕事中1回だけにお腹が痛くなってトイレに行ったら
パートのMに「あんた何百回トイレに行くの」と足を蹴られて、
そこに工場長がきて「仕事に集中したら体調悪くなるのか」と聞かれたりしました

そのMは仕事中に何回もトイレに行ってるのに
私が1回でも行くとヒステリーをおこして騒ぎたてます
Mは原料のイカのカスを投げてきたり
焼き場用のイカを乗っける細長い網を顔目がけて当ててきました。

あと、私が台車を押して運んでたら
台車の足を蹴っ飛ばして通させないようにされました。
あと、私がタコの皮を切ってたら、その包丁の先を掴んで自分の所に引っ張って
「この人怖い、包丁で刺されそうになった」と騒ぎ立てました
その他にも、変に突っかかってきたりされました。

あと、誰かはわからないけど休憩所でカップ麺に煙草の灰、吸殻を入れられたり、
ジュースの缶に灰を入れられました。
仕事の時に使うゴム手袋に小さく切れ目を入れられたりしました
その手袋は、前日に仕事が終わってから事務所にいって取り替えてもらったばかりでした。

他にも前日にエプロンを取り替えて、かけておいたエプロンで
Mにちょっと来なさいって言われて
「エプロンは仕事が終わってから洗いなさいって言ってるでしょ」と突き飛ばされました
そのエプロンは、仕事終わった前日に新しくもらったやつでした

私が仕事中にケガをして病院に行った時に
病院に行く途中に工場長に「いつまでいる気だ」って言われました
病院で診察された結果で、打撲でした
その時に「よかった。会社としてはよかった」と嫌味ぽく言われました

その日は「今日は早退していいけど、明日は来なさい」と
翌日、会社に行ったら、パートの人に「ケガしたわりに今日くるって事は自作自演なんでしょ」と言われました

あと、その会社の工場長は女子更衣室のドアをノックもしないでいきなり開けて
若い女性の着替えをニヤニヤしながら腕組んで見ていました>

弊社へ寄せられた告発文、怪文章を公開しています。掲載されている文章の内容、事実関係の真偽、信憑性については一切保証されておりません。当コーナーへのご質問、ご意見などは受け付けておりませんのでご了承下さい。