「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 怪文書BOX

文書BOX

このエントリーをはてなブックマークに追加

2013/04/17(水) 道内有名銀行の“オレオレ詐欺”的電話

 住所・氏名を明らかにしたうえ「66歳10カ月の高齢者です」と書かれたファックスが届いた。3月初旬、道内の有名銀行を名乗る電話がきたという。何ごとかと思い、話を聞いていると、結局は保険の勧誘。そのしつこさに全国銀行協会などにも連絡したという。原文は実名。

<○○銀行(本社・札幌市)は、高齢者を狙って“オレオレ詐欺”的な電話による勧誘をしておりますよ。おかしい話ですよ。
 ○○銀行保険コールセンターが正しい名称なのに、私には○○銀行にはない部署名で、平成25年3月8日14時29分「○○銀行健康相談室ですが」と男性の声で、また大声で「○○銀行に口座のあるお客さまに、超お得な情報をお知らせします」としゃべりまくったのです。
 よく聞くと、お得な情報ではなく、生命保険の勧誘を、断ってもしつこく、しつこく「お話を聞いてください」と迫ってきたのです。10分以上でした。私はこれがオレオレ詐欺かなと思いました。>

弊社へ寄せられた告発文、怪文章を公開しています。掲載されている文章の内容、事実関係の真偽、信憑性については一切保証されておりません。当コーナーへのご質問、ご意見などは受け付けておりませんのでご了承下さい。