「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 怪文書BOX

文書BOX

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016/11/16(水) パワハラ、セクハラが横行する組織

「私は札幌市内の福祉関係に勤務するものです」という文面で始まる投書が寄せられた。近所の某組織幹部によるパワーハラスメント、セクシャルハラスメントがひどいのだという。以下全文。原文は実名。

<私は札幌市内の福祉関係に勤務するものです。

 私の勤務場所の近くに、H協会の事務局があり、そこのI事務長の人間性・組織運営について以下に示す様な問題がありますので、是非調査をお願いいたします。

1.人間性について
(1)気持ちの起伏が非常に激しく、社員、訪問者へ恫喝している声がしばしば聞こえます。

(2)社員(女性)へのセクハラが行われています。社員の身体への接触があり、社員が拒絶している声が幾度も聞こえます。

2.組織運営について
(1)セクハラが行われている関係で、社員からI事務局長へ仕事以外の会話は無い様です。I事務局長から話を切り出していますが、社員はその話には参加していません。そのため、職場の雰囲気は非常に暗いものとなっています。

(2)I事務局長は、H協会の事業運営を円滑に行うため各活動を行うことが使命と思われますが、日常の言動、行動から本使命を全うしているとは思えません。

 H協会の事業目的を遂行するためには、I事務局長では人間性、組織運営に欠陥があり、北海道における身体障害者の地位向上を期待することができません。同じ福祉関係の業務に従事しているものとして、この様な人間性の欠落した人が中核にいることは不思議でたまりません。

上記の内容ですので、匿名とさせていただきます。>

弊社へ寄せられた告発文、怪文章を公開しています。掲載されている文章の内容、事実関係の真偽、信憑性については一切保証されておりません。当コーナーへのご質問、ご意見などは受け付けておりませんのでご了承下さい。