告発文・怪文書BOX

公務員の大々的副業

 匿名希望を名乗る公務員と思しき人物から、弊社宛にメールが寄せられた。同僚が地方公務員法の「営利企業等の従事制限」に違反すると告発している。以下、要旨。原文は実名。

<公務員が大々的に副業にて収益を得ています。

札幌市●●局 N・T

8月●日に開催される街コン

振込先が、株式会社Tとなっている。

国家公務員法第103条および地方公務員法第38条がそれにあたります。
公務員の副業がばれると懲戒処分か、最悪の場合、懲戒免職になります。

同じ公務員としてとても憤慨しています。>