「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 釣り > 魚よもやま話
写真

よもやま話

阿部 明
昭和14年12月生まれ
37年スポーツ新聞社に入社、高校野球などの一般スポーツほかプロレス、競馬、釣り記者を経て現在に至る。記者歴37年。北海道スポーツ記者倶楽部会友。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年2月号 たら汁

鍋ものがおいしい季節である。北海道にはいろいろな鍋料理があるが、たら汁などはまさにその代表。各種の野菜とマダラの身を鍋に放り込み、グツグツ煮たあの味はたまらなくおいしい。そして「たら汁と雪道はあとのほうがよい」の例え通り、煮込めば煮込むほどうまいのである。

マダラの釣期は雪の降り出すころから寒さが増す厳冬期が最盛期。「鱈」と書くようにまさにいまが旬である。この魚は海底近くを探り釣りするので「魚底」の字も当てられている。寒さに凍えながらうまいたら汁を味わうために底釣りを専門にする人もいるほど。また、タラにまつわる言葉がたくさんある。「鱈腹食う」や「やたら食う」など。下アゴに付いているひげ(触鬚)を使ってエサを探し出しエビやタコ、小魚など手当たり次第、いやヒゲ当たり次第なんでも食いまくる。これで腹が大きく膨れあがり鱈腹となった次第。

あまり捨てるところのない魚でもある。頭の部分も鍋に入れるとまたとないだしになるし、内臓の白子はタチと呼ばれ食通に好まれる。卵巣は糸こんにゃくなどと和えものにすると美味。ちなみに近縁スケトウダラの卵巣はたらこや明太子としてご飯の友としてウケている。ただ、脂がのりおいしい銀ダラはタラ科ではなくアブラコなどの仲間だそう。さあー、今夜あたりたら汁で暖まろう。