「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 釣り > 魚よもやま話
写真

よもやま話

阿部 明
昭和14年12月生まれ
37年スポーツ新聞社に入社、高校野球などの一般スポーツほかプロレス、競馬、釣り記者を経て現在に至る。記者歴37年。北海道スポーツ記者倶楽部会友。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年7月号 シラウオ

 月もおぼろに白魚の篝(かがり)もかすむ春の空…と舞台の名セリフにあるようにシラウオは春から夏にかけての魚として知られる。主に本州で捕獲されるが、北海道にもいないわけではなく事実、分布図によると九州~北海道と広い範囲に生息すると記してある。
 釣るのではなく、四方を曲げた竹で吊るす四手網という漁具で捕るのだが、そう言えば筆者の故郷・山形県鶴岡市内を流れる内川(藤沢周平の小説によく登場する)の川岸では、雨上がりの日などこの網を入れて、小さな魚をとらえていた記憶がある。魚が網の上で無数に跳ねる風景。あれはきっとシラウオ漁だったに違いない。産卵期になると親魚は河川を遡上するというから間違ってはいまい。
 シラウオの由来は、生きている時は、半透明で内臓が透けて見えるが、死ぬと透明さが失われ白くなることからその名が付いた。いまはあまり見られないが、石狩川の河口や網走湖で小さな刺し網を入れ、漁をしていたこともあったそう。魚体は美しく、よく女性のしなやかな指に例えられるが反面、やっかみからか背ビレが極端に後ろにあることから「胴長短足」のスタイルと意見が分かれる。
 成魚でも7~8センチと小さく地方によっては生きたままのおどり食いをする。酢醤油で生食するところも。一般的には天ぷら、卵とじや白魚飯が好まれる。