「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 釣り > 魚よもやま話
写真

よもやま話

阿部 明
昭和14年12月生まれ
37年スポーツ新聞社に入社、高校野球などの一般スポーツほかプロレス、競馬、釣り記者を経て現在に至る。記者歴37年。北海道スポーツ記者倶楽部会友。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年12月号 アジの仲間

 港内で釣れる小アジの小噺ではない。同じアジでも超大物の話。その一種がブリでこれをアジ科と思っている人は少ない。なにしろメートル級の大型も存在して、その引きは小アジの比ではなく、いまや身近な釣りの対象になっている。
 「数年前までブリが磯から釣れるなど考えられなかった」とは釣り人の偽らざる話。
 同じアジ科の仲間でもう一種ヒラマサという魚も話題になっている。函館などの海域で釣れたという噂があり、確かにブリの北上が続いているのだからヒラマサが釣れても決しておかしくはない。この両魚そっくりの魚体でなんとも見分けがつきにくい。ただ違いはあり、口の部分がブリは角張っているのに対してヒラマサは丸みを帯びているのが特徴。食べてみても刺身にするとどちらかわからない味だが、煮物はブリよりヒラマサはとろけるような脂がにじみ出てうまいといわれる。
 いやいや、味ならそれより上というのがカンパチ。これもアジ科の魚で、尾の部分が側面から見ると鮮やかな「八」の字状に見えることから付けられた。どんな料理にしてもうまいと定評がある。さらにシマアジはもっと高級魚で断然こちらが美味という人が多い。養殖ものが少なかった昔はめったに口に入らない魚だった。これらの仲間で最身長はカンパチに軍配があがるようで、なんとその大きさは2メートル超の記録がある。