「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 釣り > 魚よもやま話
写真

よもやま話

阿部 明
昭和14年12月生まれ
37年スポーツ新聞社に入社、高校野球などの一般スポーツほかプロレス、競馬、釣り記者を経て現在に至る。記者歴37年。北海道スポーツ記者倶楽部会友。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年11月号 シイラ

 シイラが釣れるとは知らなかった。それも愛好者たちにとってこの釣り、静かなブームというのだから無知もいいところ。なにしろ大は2㍍近くもなるという巨体、いや魚体。そのファイトはものすごく、体験したら一生忘れられないほどという。
 まずはこの魚を調べてみよう。シイラ科の温帯海域の魚で外洋表層を数匹単位から数百匹の大群をつくって遊泳する。50~100センチが平均サイズだが中には200㌢に達するものもいる。流木や流れ藻などの下について春から夏には北上、秋から冬は南下する回遊魚。昼行性で魚食性が強くトビウオやイワシなどをよく食べる。オスは成熟すると前頭部が角張ってくる特徴がある。
 漂流物の下に集まることから竹を組み合わせてイカダを作り、そこを捕獲するシイラ漬けという漁法は有名。
 釣りとしては北海道の場合函館から瀬棚あたりまでが範囲で、夏から晩秋ぐらいまでが釣期。今年は魚影が濃かったそうで1人で5匹をあげた人もいたとか。上層を泳ぐ習性がある魚なのでルアー仕掛けを巧みに浮かせるようにして食いを誘う。別名「万力」といわれるほどの力があり釣りあげるにはひと苦労する。カジキのように手元に寄せるとジャンプもするようで面白さはこの上ない。食べては刺身、塩焼き、照り焼き、酢の物もうまい。