「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 釣り > 魚よもやま話
写真

よもやま話

阿部 明
昭和14年12月生まれ
37年スポーツ新聞社に入社、高校野球などの一般スポーツほかプロレス、競馬、釣り記者を経て現在に至る。記者歴37年。北海道スポーツ記者倶楽部会友。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年8月号 チ ヌ

 全国的にチヌ釣りのシーズン。なぜ全国と記したかというと、北海道ではあまり馴染みが薄く、わずかに道南方面の人たちがその豪快な釣りを満喫している程度だから…。
 だが、近年はその範囲を広げつつあると聞く。チヌは正式名がクロダイ。桜色で美しいマダイに比べ、魚体表面が全体的に黒いことからきている。チヌというのはこれらの魚を総称してキヌチと呼ぶことから付けられたよう。
 本州での呼び名は成長により異なり関東では当歳魚をチンチン、2歳魚をカイズ、3歳以上をクロダイ。一方、関西では幼魚をババタレ、成魚はチヌ。ババタレの由来は面白、おかしく、釣りあげたとたん脱糞する習性があるから。
 昔の話だが沖縄を訪れた際釣り人に会い「なにを釣ってるんですか?」と尋ねたところ「チンだよ」の答え。後に調べたらチヌは沖縄ではチンチンではなくただのチンだったのである。このように釣り魚として全国的に人気がある。
 ただ警戒心が強く、釣るのは難しい魚。だが、逆に初心者でも簡単に釣れる不思議さ意外性もある。エサならなんでも食い付いてくる悪食性がその理由だろう。刺身、焼き物、煮物となんでも美味。海水温の上昇で北上が早まり、全道的に釣れるようになるとうれしい限り。★先月号の「海栗」は、2010年10月号掲載分と重複しました。お詫びします。