「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 釣り > 魚よもやま話
写真

よもやま話

阿部 明
昭和14年12月生まれ
37年スポーツ新聞社に入社、高校野球などの一般スポーツほかプロレス、競馬、釣り記者を経て現在に至る。記者歴37年。北海道スポーツ記者倶楽部会友。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年3月号 ソウハチの不思議

室蘭や静内沖でいまソウハチガレイが好漁中。マメに釣る人なら3けた、100匹以上の大漁である。「そんなに釣ってどうするの?」の感もあるが、それはそれで楽しいのだ。その上、手の平級のカレイと違いこの時期の魚体はほとんどが大型。30cmクラスを平均にして40cm超も交じるのだから釣り味も満点。これを釣り人たちは「うきソウハチ釣り」という。なぜかというと中層を泳ぎ回るのを釣ることからそう呼ばれる。
すなわち浮いてるソウハチを釣り上げるからである。カレイ科といえば普通海底が生活圏となりじっと砂の中に潜んでいるものだが、ソウハチは例外で海底からやや上か中層を集団で移動する不思議さを持っている。
さらに高齢魚はほとんどが雌というのも不思議の一つである。従って40cm前後の良型はまず抱卵魚と思えばよい。
 全道的にはソウハチで通るが道東方面ではシロガレイ、シロアサバと呼ぶ。これはアサバガレイのように体表が粘液に富むからだろう。口が大きいのも特徴でその上他のカレイに比べ柔らかい。このため釣りではハリからハズレやすく逃げられのが悩みの種。
 食べては一夜干しにして焼き魚が相場だが、日高地方の漁師たちは煮付けにして食べる。それも砂糖やミリンを多く入れこってり煮るのだ。なるほど煮ることによって脂がのり実にうまい。みなさんも一度お試しを。