「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 編集部日記

集部日記

このエントリーをはてなブックマークに追加

2010-01-22 我が社の周り騒然

 今日は小社の周辺は警察の厳戒態勢下にありました。右翼の街宣車のスピーカー音が響きわたっていました。
といっても小社が標的になっているわけではなく、すぐ近くの札幌パークホテルで民主党北海道の新春パーティーが開かれており、政治とカネの問題で渦中の人・小沢一郎幹事長がやってきたからです。本紙の記者は6人もこの様子を見ようと、ホテルに出かけていきました。記者根性というか、野次馬というか……!?
この問題では北海道11区選出の石川知裕衆院議員が逮捕されており、連日、東京地検特捜部の取り調べを受けています。小沢幹事長も明日23日、任意の事情聴取に応じる予定になっているようです。小沢幹事長は検察と徹底的に戦う姿勢を見せていますが、地検からリークされた報道を見る限り、旗色はどうにも芳しくありません。小沢幹事長がこれまでに言っていることだけでは、とても疑惑に対する説明責任を果たしているとは思えません。
2月15日発行の「財界さっぽろ」3月号では、石川問題について詳報するとともに、“小沢幹事長と検察の戦い”について、元週刊現代編集長のジャーナリスト・元木昌彦氏にインタビューいたします。ご期待ください。
 また、今日は5区で選挙違反に問われた小林千代美陣営の幹部の裁判が札幌地裁であり、禁固2年の求刑が検察側からありました。もし、この幹部に有罪判決が下ると小林氏は連座し、議員を失職します。民主党にとって、皮肉な1日となる可能性もある日と言えるでしょう。
 (酒井雅広)