「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 編集部日記

集部日記

このエントリーをはてなブックマークに追加

2009-08-25 「おや」「まあ」「へえ」

 このホームページを見て気づいている人もいるでしょうが、弊社は来年4月1日付け入社で、大学新卒の記者・編集者を募集しています。その際に作文の提出を求めています。テーマは「あなたが『おや』『まあ』『へえ』と思った事柄」です。
「妙な課題だな」と思われるかもしれませんが、実はこれが記者や編集者の仕事の原点なのです。広辞苑によると、3つの言葉の意味は次の通りです。
「おや」は、「意外な事に出会った時、疑問のある時などに発する声。例『―、これは何だろう』」
「まあ」は、「(女性が)驚いたり感嘆したりした時に発する声。例『―不思議だこと』」
「へえ」は、「疑問や驚きの心をあらわすときにもいう。例『―あいつがねえ』」
 つまり、「おや、これは何」「まあ、不思議」「へえ、なるほどね」というように、人が気づかないところにも疑問と感動を広げていくのが、私たちの仕事だと思うからです。
 弊社の入社試験は極めて簡単です。何とか年内に合否を決めたいと思っています。興味のある方はぜひ応募してください。お持ちしています。(酒井雅広)