「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 編集部日記

集部日記

このエントリーをはてなブックマークに追加

2009-07-13 ■「財界さっぽろ」8月号ができあがり今朝、弊社に届きました。

「財界さっぽろ」8月号ができあがり今朝、弊社に届きました。今月号は総選挙を大々的に特集しました。選挙情勢は自民党にかなりつらいものとなっているようです。昨日の都議選の1人区の状況と似ているかもしれません。「財界さっぽろ」では各区の情勢はもとより、福岡政行白鴎大教授、鳩山邦夫前総務大臣のインタビュー、東国原知事密室会談の中身、鳩山由紀夫民主党代表の虚偽献金問題などを掲載しています。
 14日、15日は東京出張です。麻生首相は今日、天皇陛下の帰国後、衆院を解散し、8月30日投開票の日程で総選挙を行う決意を固めたようです。麻生降ろしは加速するのか、はたまた沈静化するのか。ここ数日がヤマだとも言われています。永田町のゴタゴタぶりをライブで目に焼き付けてこようと思っています。
 各大学はそろそろ試験を終え、夏休みに入るころだと思います。弊社は来年度の大学新卒・新人記者を2人募集する考えです。8月にはこのホームページ上でも募集要項を発表する予定です。雑誌の編集記者に興味のある方のご応募をお待ちしています。ただし、取材・記事執筆の現場は3K職場です。お覚悟を…!
 新卒者といえば、今年の新人記者・竹内洋規君は小樽潮陵高校、北海学園大卒です。昨年4月1日入社の安藤健哉君も学園卒です。記者の前田圭祐君も坂井隆一君も学園卒です。こうみると、デザイナー、カメラマンを含めた編集部12人中4人が学園卒です。昔は東京の私大卒が多く、1人として卒業大学がかぶっていなかったのに、なぜこうなったのか不思議です。営業や総務にも結構な人数がいますから、そのうち当社は「学園にあらざれば、人にあらず」という状態になりかねません。
私自身としては「もう少しいろいろなところから人材を採用したいな」と思っています。打倒学園(笑い)、来たれ6大学、東都etc出身者……    (酒井雅広)