「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 怪文書BOX

文書BOX

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016/01/28(木) これってどうなの?

 自治体から委託されている除雪業者に関して、札幌市民と思われる人から情報メールが届いた。事実関係の詳細が書かれているわけでもないので、なかなか判断が難しいのだが、業者は自宅敷地の除雪も市から委託された除雪車を使っておこなっているという。あなたはどう思いますか。以下要旨。

<突然のメールにて失礼致します。

札幌市の除雪業者が、業者自宅敷地内の除雪を
市の委託された除雪車を使用し勤務時間内に行っています。

近隣住民は近所付き合いに伴う遠慮や業者からの報復を恐れ、
指摘等をしていない様子です。

【問題点】
・勤務時間内の私的な除雪
・市から委託された除雪車の使用
・燃料費の私的流用
・業者自宅の敷地内から出た雪が、近隣住民の玄関前などに
なすりつけられていること。

【その他】
・通常、除雪車の運行は運転者と後方確認者の2名で行われるため
業者自宅敷地内の除雪も、複数名または組織ぐるみで行われ
慣例化している可能性が高い。
・除雪JV参加企業は実質的に毎年大きな変化はなく、上記問題も
長期に渡り常態化しているものと思われる。
・時間帯は主に深夜から早朝。昼間に行われることもある。

【市への改善の要望】
・実態の把握と公表
・改善策の策定
・指定管理制度の導入等による厳正な業者の評価・選定
・定期的な業者の入れ替え
・地域住民への謝罪・補償>

弊社へ寄せられた告発文、怪文章を公開しています。掲載されている文章の内容、事実関係の真偽、信憑性については一切保証されておりません。当コーナーへのご質問、ご意見などは受け付けておりませんのでご了承下さい。