告発文・怪文書BOX

「道東の某ガス会社の噂」続報

「今年6月に怪文書BOXにアップされた『道東の某ガス会社の噂』を拝見しお手紙させていただきます」との書き出しで始まる投書が寄せられた。某ガス会社の異常さをさらに詳細に記した告発文。以下、要旨。

〈(某ガス会社の)某部署で長年勤務するパートのMとS、そしてその取り巻きたちは、人間の顔をした悪魔です。MとSは昔から社内でのイジメや嫌がらせの首謀者で、彼女たちのせいで退職した者はたくさんおり、うつ病になったり自殺未遂をする者もいます。MもSも自尊心の塊のような人間で、自分たちが一番かつ物事の中心でないと気がすまないという感じで、そんな自分たちを脅かす人間が邪魔で仕方ないようです。社内の大半の人間は彼女たちに睨まれれば自分がイジメや嫌がらせのターゲットになると恐れ、いつも彼女たちの顔色をうかがい逆らえないといった感じです。
 Mは別の部署のN氏や自分の取り巻たちを従えて、またSは別の部署のT氏やT氏の取り巻たち、そして自分の取り巻たちを従えて、いつもイジメや嫌がらせをしているのです。N氏やM氏の取り巻たちは、なぜか昔からMに服従的で何でも言いなり、Mに命令されれば何でもするので、Mにとっては優秀な使いっぱしりといったところでしょう。そして、T氏とSはお互いに結婚し、子どもまでいるのに不倫関係だと噂されており、その関係からT氏はSの言いなりになっているという話です。6月の投書内容の盗聴やストーカー等といった話は、社内ではMとS、N氏やT氏、そして取り巻たちがおこなっていることだと言われています。
 MやSのような人間に従って、イジメや嫌がらせをする人間にも問題がありますが、MやSのような人間を野放しにしている某ガス会社が信じられません。〉