「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 釣り > 魚よもやま話
写真

よもやま話

阿部 明
昭和14年12月生まれ
37年スポーツ新聞社に入社、高校野球などの一般スポーツほかプロレス、競馬、釣り記者を経て現在に至る。記者歴37年。北海道スポーツ記者倶楽部会友。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年8月号 鵜が食う魚

 先号で「ハゴトコは食べてもうまい」等の原稿を書いたが「事実おいしかった」という通信をいただいた。同じように北海道沿岸でよく釣れるが外道扱いされているウグイという魚がいる。小骨がうるさいのと川魚のような臭みがあり、あまり好まれないようだが本州にはこの魚を食べさせてくれる専門店まであり、料理の仕方によってはハゴトコ同様なかなかの味という。コイのように洗いにすると本物よりおいしいという人もいる。甘露煮、田楽、三枚におろしてのフライもイケる。また、焼き干しにしての昆布巻の具やこまかくすりつぶしたものを澄まし汁にすると美味とか。
 ウグイの名前の由来は「鵜が食う魚」からきていて鵜が大変好むのだそう。河川の上流から河口域や湖沼にも生息し、その生活圏は広範囲に渡る。降海型もいてこれが港内で釣れるもので、小型だが意外に引きが強くハリ掛かりすると手応え十分。コイ科の魚で親分のコイ同様かなりの悪環境でも生きていける。その上貪欲な雑食性で海藻から水生昆虫、小魚までも食らいつく。水面からジャンプして昆虫を捕える能力も見せる。産卵期になると腹部が赤くなる婚姻色に変化してアカハラと呼ばれる。従ってアカハラはウグイのこと。ただし真夏の時期に釣れたものは「ネコまだぎ」といってネコも食べないそうだから敬遠した方がよさそう。