「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 怪文書BOX

文書BOX

このエントリーをはてなブックマークに追加

2013/11/20(水) 除雪業者の不正

「暴露一郎」を名乗る人物から投書が寄せられた。長年、役所をだまし、市民の税金を食い物にしてきたという。それは決して従業員に回ってくるものではなく、役員が私腹を肥やすためにやってきたことだと告発する。以下、全文。原文は実名。

<当社は、千歳市の東にある会社です。
来年(平成26年)に閉鎖します。自分たちの懐を肥やしてきた取締役、役員に制裁を与えてください。

環境組合に加入し、この地域の除雪を委託されています。
タコメーターを入れたまま農協施設2カ所の除雪、教員住宅等の除雪、1回4~5時間かかります。作業賃はもらっています。組合からも賃金をもらっています。いわいる二重取り。燃料は不正燃料です。4トン、8トン、ユニック車
二十数年、役所を騙し、市民の税金を食い物にし、役員の財布を肥やしています。
今こそ、襟を正す時だと思います。
T社は、運行管理者の資格のないアルバイトに車両の手配、運行指示を出させています。
天罰を与えてください。

暴露一郎より>

弊社へ寄せられた告発文、怪文章を公開しています。掲載されている文章の内容、事実関係の真偽、信憑性については一切保証されておりません。当コーナーへのご質問、ご意見などは受け付けておりませんのでご了承下さい。