「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 怪文書BOX

文書BOX

このエントリーをはてなブックマークに追加

2012/06/15(金) 道東の某ガス会社の噂

「道東の某ガス会社の社員について」というタイトルのついた投書が5月末に送られてきた。そのときの内容は以下の通り。

〈外部からは優良イメージの道東の某ガス会社ですが、実際はイメージとは正反対の企業です。
 ベテラン社員の中には自分の気に入らない社員や都合の悪い社員に対し、ストーカーまがいの行為や盗聴をおこない粗を捜し相手を陥れる人間がいます。また、ベテラン社員数名は長年勤務している某女性パート社員に頼まれ盗聴の手助けをしたりストーカーまがいの行為や盗聴で得た情報の報告をしているのです。このような状況が長年続いている某ガス会社の社内環境は異常ではないでしょうか?〉

 それから半月後、上記のより詳しい内容を記した投書が寄せられた。以下、全文。

〈私は北海道某市でガス会社に関連した企業に所属する者です。勤務の関係上、市内のガス会社の内情を知っており投書させていただきます。
 市内のガス会社の社内では普通では考えられないようなことが多数の社員によっておこなわれているとの噂があります。その噂は10年以上前からあり、最初はただの噂だと信じてはいませんでしたが、内部の状況を知るうちに私も疑いを抱くようになりました。疑いを抱くようになったのは次のようなことです。

① 社員による盗聴疑惑
某部署の古株のパート社員数名は勤務年数がかなり長いせいか社内で幅を利かせているような状態で、ベテランの正社員等にも高圧的な態度をとっています。彼女たちは自分たちが気に入らなかったり自分たちに否定的な社員に対してあることないこと理由をつけ周囲を誘導する形で社内イジメをよくおこなっていて、それで退職したと思われる社員も多数います。あるとき、彼女たちは以前から気に入らないと周囲に言っていた某社員の悪口を勤務中に言っていました。またかと思っていたら会話の内容に某社員の自宅での会話や行動などについての話が出てきたのです。なぜ、そのようなことを知っているのでしょうか?その会話を耳にする数週間前、彼女たちに服従的なベテランの男性社員が某社員の机の中の荷物を探っていたとの噂があり、その後、某社員の携帯電話のメール等の内容が周囲で話題になるという出来事がありました。そのため、社内ではベテランの男性社員が某社員の荷物を探った際に家の合い鍵をつくり、それを使い某社員宅に盗聴器を仕掛け、自ら盗聴し、その情報を彼女たちに流したか、彼女たちの盗聴に協力したのではないかといわれているのです。

② 社員のストーカー疑惑
 ベテラン社員や中堅社員が一部の社員を監視するためにストーカー行為をおこなっているとの噂があります。社員の休日の外出について行き先や行動・言動等を知っていて、休日明けに社内で話題にしたり、社員宅付近の路上に車を駐車し、市内で長時間過ごしているとの噂もあります。また、関連会社等の多数の社員がストーカー行為に関係しているとの噂もあるのです。もし事実だとすれば、なぜそのようなストーカー行為による監視が必要なのでしょう?

 上記のようなことがただの噂であればいいのですが、もし事実であった場合、市内のガス会社は長年の体質に問題があるということでしょう。〉

弊社へ寄せられた告発文、怪文章を公開しています。掲載されている文章の内容、事実関係の真偽、信憑性については一切保証されておりません。当コーナーへのご質問、ご意見などは受け付けておりませんのでご了承下さい。