「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 怪文書BOX

文書BOX

このエントリーをはてなブックマークに追加

2011/08/15(月) 日本内科学会の“望ましくない”教育施設

日本内科学会の専門医制度における教育関連病院についての告発がハガキで送られてきた。同じ内容を執拗に繰り返すなど、文面からはかなりの怒りが感じられる。以下、全文(原文は実名)。

 日本内科学会の専門医制度における教育関連病院の制度において「内科指導医が3名以上で、全員が総合内科専門医であることが望ましい」と定まっています。
 しかし、札幌市西区のSY病院は総合内科専門医がひとりもいないにも関わらず、“望ましい”との条件を無視して新規に教育関連病院に認定されようとしています。
 専門医の教育施設であるのに、専門医がまったく不在!! 制度の信頼性を揺るがす事態です。“全員が専門医であることが望ましい”なのに、専門医はひとりもいません!!
 日本における内科専門医制度の信頼性を揺るがすことです。

弊社へ寄せられた告発文、怪文章を公開しています。掲載されている文章の内容、事実関係の真偽、信憑性については一切保証されておりません。当コーナーへのご質問、ご意見などは受け付けておりませんのでご了承下さい。