「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 怪文書BOX

文書BOX

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016/06/23(木) 自動車ディーラーの倫理違反

 自動車ディーラーの業界団体である一般社団法人「日本自動車販売協会連合会」に送ったという告発がメールで寄せられた。道内の大手ディーラーについて「自販連倫理綱領に違反する事象がございますので、下記の違反に関して調査指導をお願いします」という内容。告発者は元社員のようだ。私憤はあったとしても、それなりに信憑性は高いと思われる。以下全文。原文は実名。

<●●●●●●●●株式会社の倫理違反の件

 拝啓 貴連合会におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
 貴連合会に所属する、●●●●●●●●株式会社において、自販連倫理綱領に違反する事象がございますので、下記の違反に関して調査指導をお願いします。 敬具

1.「納車費用」の不正受領・・・車両販売時に諸費用の中に必ず「納車費用」を計上するようになっており、お客様が店頭に引き取りに来ても、返金の申し出がなければ返金しないようになっている。これは平成25年11月頃に現社長が、諸費用の利益を改善するために全社員に徹底するように指示を出した。

2.車庫証明提出にかかわる行政書士法の違反・・・車両登録時に本来行政書士が行うべき車庫証明の作成・提出を営業社員が行っている。

3.ナンバーなし走行・・・駐車場とショールームとをナンバー無しの車で公道を走行させている。道路交通法の違反。

4.労働の安全に関して・・・毎年、定年以外で40~50名の中途退職者がいるのは、会社が労働安全の義務を怠っているからでいる。労働安全衛生法に違反。

5.「■■■■■制度悪用事件」・・・平成21年に発覚した同事件に関係していたが、その事実を隠ぺいした。

以上の書面を自販連に郵送しました。
かつて社員の私は、未払いの残業代を請求しましたが、決定的な証拠を明示する事が出来ず、未払いの残業代を支払ってもらえませんでした。
あきらかに残業は、していたという証言があるのにひじょうに腹立たしく、この事に関して別の形で●●●●●を糾弾していくつもりです。>

弊社へ寄せられた告発文、怪文章を公開しています。掲載されている文章の内容、事実関係の真偽、信憑性については一切保証されておりません。当コーナーへのご質問、ご意見などは受け付けておりませんのでご了承下さい。