「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 怪文書BOX

文書BOX

このエントリーをはてなブックマークに追加

2015/08/07(金) 某マンション管理組合の詐欺疑惑

 マンションに住んでいる人で、自分の払っている管理費がどのように使われているか、きちんと答えられる人はどれくらいいるだろうか。その金を管理しているのは管理組合。世帯数にもよるだろうが、その積み立て額は非常に大きい。だからなのだろう。管理費をめぐる不正は枚挙にいとまがない。今回送られてきたのは札幌のマンション管理組合。以下要旨。原文は実名。

<法治国家日本で私が知る限りM・D35世帯のマンションで30年以上に亘りM・D管理組合法人が管理費・修繕管理費から毎年500万から1000万もの金を詐欺横領している。修繕管理費に臨時徴収を含めて40年で3億円以上の金を使用したことになっているが、建物を見えれば解りますが1億円も使っていない。仕組みは、管理組合法人役員が変わっても管理組合法人を仕切る人間がいて架空工事・水増し工事をお抱えの業者に発注する。あるいは御用学者(元教授・コンサル等)を間に入れ業者を決める。素人住民を相手の競争入札にしても同じこと。管理組合法人役員を使い住民を騙す悪質巧妙な仕組みを作ったのは仕切る人間であり住民でもある●●●●●●●●●の理事長N夫妻で長年にわたり裏で会計操作をしている。管理費も35世帯で毎年1500万円40年で6億円のお金も何時も収支報告書だけで領収書・契約書は見たことが無い。実際のお金の流れが解らず。一世帯あたり年間20万前後の余分なお金が使途不明。お金が無くなれば管理組合法人が銀行からお金を借り住民に借金を負わせ住民をしゃぶりつくし後は安く買い叩き地上げを予定しているという。30年以上の悪質な特殊詐欺犯罪です。誹謗中傷ではありません。共働き・年金生活者が一部の犯罪者により迷惑を被っています。>

弊社へ寄せられた告発文、怪文章を公開しています。掲載されている文章の内容、事実関係の真偽、信憑性については一切保証されておりません。当コーナーへのご質問、ご意見などは受け付けておりませんのでご了承下さい。