「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 怪文書BOX

文書BOX

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017/02/03(金) ブラックすぎる病院

 札幌市内の病院に勤務していると思われる人物からの告発が寄せられた。封書の中には告発文のほか、ある看護師のフェイスブックの画像患者に関するコメントも添えられていた。院内は院長のワンマン体制、薬の横流し、パワハラ、深夜にまで及ぶ残業等々、まさに〝ブラック企業〟そのものだという。以下全文。原文は実名。

<告発したいことがあってお手紙をしました。
北海道札幌市××区にあるSH病院についてのことです。
私はここの職員です。
もともと、この病院は現在のT院長がS先生(今はT会にいます)と当時の看護部長を追い出してのっとった病院ですが、そのT院長のずさんな経営とワンマンな方針で今大変なことになっています。
写真をいっしょに送りましたが、その写真は今の1病棟というところの看護主任のNさんです。
院長と飲み会とかで気が合うという理由で主任になったばかりですが、フェイスブックの一般公開で、患者さんが触る手すりに足をのせてポーズを取っている写真をのせています。さらにコメント欄で患者さんをからかう暴言をのせています。同じ職場に勤めるものとして絶対に許せません。
それから、こないだやめた薬剤科の科長のNさんという人が、となりのP薬局さんと麻薬や向精神薬を違法に裏取引していて、それをかぎつけた院長や取り巻きたちがこっそりとNさんをやめさせた(表向きは普通の退職にしたみたいです)という噂で院内が持ちきりです。それから、その前のMさんという薬剤科長も麻薬を横流ししていた疑いで病院が調べられているみたいです。
実際に、去年の11月と今年の1月に市や道の保健所や麻薬取締部の人たちがぞろぞろと病院に来て監査していました。上層部の人たちは隠そうとしていたけど、麻薬のことで大変になっているのは、関わった職員がたくさんいるので院内みんな知っていますから、当日は異様な雰囲気でした。
こんなワンマンな院長は、なにか処罰をうければいいと思っています。
それと、院長とその片腕の病院運営局長のUさんとU事務長にパワハラを受けて、看護部長が退職すると聞きました。同じようにパワハラやリストラなどで10人くらいの幹部のドクターやナース、事務の人がいっきにやめるそうです。
みんな院長のワンマンで不法な経営にほとほとあきらめきれています。
わたしもやめたいですが、看護部長に「やめたらよそで働けなくしてやる」などと圧力をかけられていてやめられません。
有休もほとんど使わせてもらえず、少ない人数の中で加算とかのために夜遅くまで無理矢理働かされていて、ブラック企業もいいところです。
麻薬のこととか、しらべてください。どうかよろしくお願いします。>

弊社へ寄せられた告発文、怪文章を公開しています。掲載されている文章の内容、事実関係の真偽、信憑性については一切保証されておりません。当コーナーへのご質問、ご意見などは受け付けておりませんのでご了承下さい。