「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 釣り > 魚よもやま話
写真

よもやま話

阿部 明
昭和14年12月生まれ
37年スポーツ新聞社に入社、高校野球などの一般スポーツほかプロレス、競馬、釣り記者を経て現在に至る。記者歴37年。北海道スポーツ記者倶楽部会友。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年12月号 アジ

アジはたたきに限る。新鮮なアジにネギ、大葉、ミョウガ、ショウガの薬味と味噌を合わせ、細かくたたいた素朴な味。これが実にうまい。先日食べた板前さんの実家は本場千葉県の漁師とか。道理である。

この魚、いまは道内の港内など、どこでも釣れるようになった。本州では一年中釣れるが、北海道では秋から初冬ぐらいまでが釣期。それに小型が多く大きいものはまれ。ただ、食べては小ぶりのほうがおいしく、ましてたたきは小魚に限る。開きにしての焼き物、くさやにしての食べ方もある。軽く塩漬けにして干した開きが東京などの朝の定食には必ずと言っていいほど付く。

一方、くさやは背開きにしてくさや液に漬けたものを乾燥させる。ムロアジが原料になるが「臭や」と書くように匂いが強烈で、その名を聞いただけでも眉をひそめる人もいる。反して焼く際のくさい臭いも味のうちという、この道の通もいる。昔、江戸のイキ筋には死ぬ前に最後に食べたいものを聞けば「くさや」と答えた人が多かったとか。

ところで同時に釣れることがあるイワシは、互いに似ていて釣った時の見分け方が難しい。こんな時の参考にイワシは身体の表面に7つ星の斑点があるのに対し、アジは体の後方に固いウロコが付いている。両魚とも食べておいしい上にタンパク質などを多く含み、栄養も満点だ。