「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 釣り > 魚よもやま話
写真

よもやま話

阿部 明
昭和14年12月生まれ
37年スポーツ新聞社に入社、高校野球などの一般スポーツほかプロレス、競馬、釣り記者を経て現在に至る。記者歴37年。北海道スポーツ記者倶楽部会友。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年9月号 スルメイカ

 夏の風物詩ともいえるマイカ釣りがいまシーズン真っ只中。遠く沖に浮かぶいさり火を遠望しながらのそれは楽しさと涼を求めて人気が高い。このマイカ、正式名はスルメイカというが、道民の多くはマイカと呼び、そのほうが通りよい。このイカには言い伝えがあり、漢字で寿留女(するめ)としたのは結婚の際、祝い用として贈り花嫁が逃げ出さずに末永く留まってくれるようにとの願いからだそう。また、足が10本と多いことからおあし(お金)に通じると喜ばれ贈答品となった。さらに墨から採った染料をセピアと呼んだのは、古代ギリシャではイカをセピアと言ったことから。
 イカは大別すると軟骨のある「筒イカ」と硬い甲のある「甲イカ」に分かれるが、スルメイカは筒イカに分類される。日本近海での捕獲量の半分以上を占め、東シナ海で誕生、北上しながら成長して北海道海域に到着する。食べては夏から秋が美味で、まさにいまが旬。刺身から干したスルメや塩辛までと用途は広い。中でも北海道で考案されたイカそうめんは夏に食べるとうまさは倍増、食通をもうならせるに十分だ。
 烏賊と書くのは海面のイカをカラスが捕ろうとすると逆にイカが海中に引き込み食べてしまったという中国の故事によるもの。イカ、タコなどを頭足類としたのは頭から直接足が突き出ていることからその名が付いた。