「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 釣り > 魚よもやま話
写真

よもやま話

阿部 明
昭和14年12月生まれ
37年スポーツ新聞社に入社、高校野球などの一般スポーツほかプロレス、競馬、釣り記者を経て現在に至る。記者歴37年。北海道スポーツ記者倶楽部会友。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年8月号 アユ

 夏釣りの風物詩ともいえるアユ釣り。川に胸ぐらいまで浸かりサオを振る風景は、まことに涼しげであり、まさにこの時期の釣りである。その上、アユは清流でしか生息できない。清い水が多く流れる日本(北海道も例外でない)の魚ということで「国魚」とも呼ばれる。アユは漢字で「鮎」と書く。なぜ占と付けたかは諸説あるようだが、その昔武士が戦いの勝敗をアユの動きによって占ったことからだそう。なにやら先のW杯サッカーの勝ち負けを動物で占ったのに似ている。また、香魚とも書きこれは川底の藻をエサにしていることから、野菜のキュウリのような匂いが香ることからくる。さらにアブラビレが付いていることでも知られる。このヒレはサケ科特有のものだがなぜかアユにもある。れっきとしたアユ科なのに。
 道内のアユ釣り場は余市川、朱太川、遊楽部川などが有名だが、これら河川でおこなう釣り方は独特の友釣り。仕掛けの先にオトリと呼ぶアユをつけ泳がせながら追ってきた野アユを掛けバリで引っかけるという日本古来の釣りだ。江戸時代から続いていると聞く。ただ、本格的な道具がなくても岸から毛バリを流しながら釣りあげる方法もあり一度試してみるのも一興。
 食べては塩焼きが一番だが刺し身や天ぷら、田楽などもうまい。内臓を塩漬けにしたウルカは珍味。酒の肴には打ってつけ。