「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 釣り > 魚よもやま話
写真

よもやま話

阿部 明
昭和14年12月生まれ
37年スポーツ新聞社に入社、高校野球などの一般スポーツほかプロレス、競馬、釣り記者を経て現在に至る。記者歴37年。北海道スポーツ記者倶楽部会友。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年11月号 鮭なるほど

 北海道のサケ釣りはいよいよ終盤。釣り場では「今年は何匹釣った?」など自慢話が飛び交っている。ところでサケには面白話が多く伝えられる。それらを紹介しよう。
 ①サケは漢字で鮭と書くがその昔は魚生と書いた。ただ生ではいかにも生臭さを意味すると嫌われ、現在の鮭になったそう。ちなみに中国では鮭と記すと河豚(ふぐ)を意味するのでご注意を。
 ②日本列島を二分するのがサケとブリである。理由は新潟と静岡県を線引きにして北はサケ文化、南はブリ文化に分かれる。この文化圏を表すのがお歳暮やお正月料理で北は新巻鮭、南は寒ブリを用いるのである。
 ③サケ科に分類される魚は多くいる。大はサケ、マスから小はチカ、シシャモ、ワカサギなど。なぜこれらがサケ科というと、共通して背ビレと尾ビレの間にあるアブラビレという突起が存在すること。雄と雌を見分ける時、漁師は大きいのをオス、小さい方をメスと目分けする便利なもの。ただこのヒレ、まったく機能しないといわれ、なぜ存在するかはまだわかっていない。
 ④サケは秋にだけ獲れるとは限らない。漁場で「トキ」と呼ぶ種類で、晩春から初夏にかけて網に掛かる「時不知」(ときしらず)がそれ。まだ成長途上のため、生殖巣が未成熟で魚体に脂が蓄えられており、食べてはまことに美味。