「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 怪文書BOX

文書BOX

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016/03/14(月) とどまるところを知らない薬物汚染

 薬物に関する投書がハガキで寄せられた。そこに書かれていた名前は公立高校の現職教師。ただ決定的証拠はないという。薬物使用者特有の臭いがするというのだが……。以下全文。

<札幌市立●●高校■■教師、K・M
薬物使用しています。
臭いでわかりました。
 最近は香水を使っていますが、
独特の匂いは消えません。
 情緒不安定は以前から周囲で噂に
なっていますが、薬物使用の決定的証
拠はありません。臭いだけです。
 教育委員会、学校長にも伝えました
が、管理職でも特定するのは難しいで
しょう。
 数年前にも薬臭のする職員の話をき
いたことがあります。
 教職員の薬物検査必要です。
 教育機関は何かあってからでないと
動かないので、その何かが軽い事件で
あることを願うばかりです。>

弊社へ寄せられた告発文、怪文章を公開しています。掲載されている文章の内容、事実関係の真偽、信憑性については一切保証されておりません。当コーナーへのご質問、ご意見などは受け付けておりませんのでご了承下さい。