「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 釣り > 魚よもやま話
写真

よもやま話

阿部 明
昭和14年12月生まれ
37年スポーツ新聞社に入社、高校野球などの一般スポーツほかプロレス、競馬、釣り記者を経て現在に至る。記者歴37年。北海道スポーツ記者倶楽部会友。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年6月号 仲間入り

 春から初夏の代表的な釣りと言えばカレイ。早春から各地であがり出し、初心者からベテランまでのんびりとサオを振っている。そしてこれほど多くの種類が釣れるのも他にない。総じてカレイ類と称されていてマガレイをその代表にしてクロガシラやいま人気魚のマツカワなど数えたらキリがないほど。そんな中に最近、仲間入りしているのがホシガレイというあまり知られていない魚。もちろんカレイ科に属してマツカワの近縁種になる。当然よく似ていて見分けるのが難しいが、ヒレの黒い模様が違っていて、ホシガレイは点状なのに対して、マツカワは棒状に長いのが特徴。全長はホシガレイの方がやや大きいのも区別の方法。もともとは南方系で北海道には生息していないとされていたが、いまは道南を中心にしてハリ掛かりしたり網に掛かるようになってきた。原因は岩手県で養殖しておりそれが北上していると考えられる。食用としても最上級に挙げられていてどの料理にしても旨い。
 また、見た目とネーミングが悪いサメガレイという魚も最近ちょくちょく姿が見えている一種。深海魚だが若い魚は浅瀬に群れを成して移動するようで、それらが釣果になったり捕獲されているよう。手で触ると体表がぶつぶつしていてサメ肌のことからその名が付いたが、それとは裏腹に刺し身にもでき、煮付けも大変旨い。